診療案内

HOME > 診療案内 > 消化器内科

消化器内科

消化器内科

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸など消化管および肝臓、胆道(胆管、胆のう)、すい臓等内臓に関する診察をしています。

胸やけや酸っぱいもの、苦いものが逆流する感覚がある場合、逆流性食道炎や胃食道逆流症が疑われます。
食べ物を飲み込むときにしみたり引っかかったりする感覚があるときは食道の腫瘍等の可能性があります。

心窩部(みぞおち)が痛む場合や嘔気嘔吐がある場合は胃、十二指腸の病気を考えます。
胆石症の発作では右上腹部が痛むことが多いのですが、上記の心窩部が痛むこともあります。また、発作時に嘔気嘔吐を伴うこともあります。

便秘や下痢がある場合は大腸の病気を考えます。
大腸の疾患の場合、腹痛は下腹部の左側から中央部に出現することが多いのですが、ときに右下腹部や上腹部が痛むことがあります。
便に血液が付着する場合は肛門疾患のほかに大腸から出血する炎症や腫瘍の可能性もあります。

下腹部に痛みがあるときは婦人科の病気や泌尿器科的病気との鑑別をする必要があります。

肝機能障害があるため食欲低下や発熱、全身倦怠感などが出現する場合があります。
すい臓の疾患では腹部だけではなく背部が痛むこともあります。
一方、肝臓やすい臓の疾患では自覚症状がない場合も少なくありません。

当院では消化器について内視鏡検査、腹部超音波検査(腹部エコー)を行っています。健診等で要再検査、要精密検査(要内視鏡検査)等の結果の場合はご相談ください。
また、必要な場合はCT等を近隣の病院、世田谷区保健センターで行っています(予約をします)。
手術や内視鏡による治療が必要な場合は、しかるべき医療機関を紹介しています。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来