診療案内

HOME > 診療案内 > 内科 > 頑固な咳

内科

頑固な咳

なかなか治らない頑固な咳の原因として以下のようなものが考えられます。

① 咳喘息
喘鳴(ヒューヒュー、ぜーぜー)や呼吸困難を伴わない咳が長く続く一種の喘息です。夜間や明け方に咳が多く出る傾向があります。 慢性の咳の原因としてもっとも頻度が高いといわれています。

② アトピー咳嗽
のどのイガイガ感などに伴う咳が続きます。花粉症などいわゆるアレルギー体質の人に起こることが多いようです。明け方や夜間や明け方に咳が出る傾向があり、この点では咳喘息と区別がつきにくいこともあります。

③ 感染後咳嗽
上気道炎などの感染症の後に咳が長く続くものを感染後咳嗽といいます。
自然に軽快するものですが長期間咳に悩まされることもあります。

④ 逆流性食道炎
 逆流性食道炎(消化器内科の項参照)でも咳が長く続けることがあります。

⑤ 百日咳
百日咳菌による感染症で、しばしば家族内感染や集団感染があります。せき込み後に嘔吐することがあります。成人では定型的な症状が現れず、他の感染症との鑑別が難しいことも少なくありません。

いずれも鎮咳薬のほか気管支拡張薬やステロイドの吸入薬を使うことがあります。
また、結核や肺がんがないことをチェックするためレントゲンを撮ることがあります。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来