診療案内

HOME > 診療案内 > 内科 > 高尿酸血症

内科

高尿酸血症

霊長類以外の哺乳類は尿酸を分解する酵素があるので尿酸を分解することができるのですが、ヒトは尿酸を分解できない運命を背負っています。
したがって体内でいったん結晶をつくった尿酸は分解されません。

血中の尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症だといえます。
この状態が続くと関節内に尿酸が沈着することにより、足の指や足首の関節が腫れて痛むことがあります(痛風発作)。
また尿酸が腎臓に詰まって腎障害を起こすことがあります。

高尿酸血症の人は尿酸のもとになるプリン体を多く含むもの・・・ビール、魚卵などの摂取をやめる必要があります。
それでも尿酸値が下がらなければ薬を処方することがあります。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来