診療案内

HOME > 診療案内 > 消化器内科 > 大腸がん

消化器内科

大腸がん

現在わが国では年間15万人の人が大腸がんと診断されており、その数は増加傾向にあります。

便秘や出血が契機で発見される場合もありますが、いうまでもなく早期発見することが望まれます。
便潜血検査による大腸がん検診によって15-33%の死亡率が低下したことが明らかになっていますので、健診時の検便は積極的に受けましょう。
便潜血検査が陽性の場合、大腸内視鏡検査を行います。
大腸内視鏡検査で発見された大腸ポリープの組織の一部が、がんだと判明するケースもあります。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来