診療案内

HOME > 診療案内 > 内科 > 鉄欠乏性貧血

内科

鉄欠乏性貧血

血液の成分の中の赤血球の数が減ることを貧血といいます(俗にいう脳貧血とは異なります)。
赤血球は吸気の中の酸素を肺から全身の組織に運搬する役目を担っています。
したがって貧血になると、意識が遠くなったり、運動した時に息が苦しくなったりすることがあります。
一方、貧血に慣れてしまった状態では自覚症状がない場合もありますので、健診等で初めて指摘されるケースもみられます。

貧血は様々な原因で起こりますが、最も頻繁にみられるのが鉄欠乏性貧血です。
赤血球の中にはヘモグロビンという酸素と結合する働きのあるたんぱく質が含まれています。
ヘモグロビンには鉄原子が含まれていますので、鉄が不足すると貧血になります。
赤血球の数が減って、ひとつひとつの赤血球の大きさも小さくなります(血液検査でわかります)。

女性の場合、経血による血液の喪失が多いと鉄欠乏性貧血になります。
中年期の女性で、「最近階段や坂道を登るときに息が切れる」などの訴えがある場合は鉄欠乏性貧血の可能性があります。

男性や高齢者などの鉄欠乏性貧血の場合は、消化性潰瘍やがんなどの消化管出血による場合がありますので注意が必要です。
便潜血検査や内視鏡検査など胃腸の検査を行う必要があります。

治療の原則は鉄分の補給です。
緑色野菜や肉、レバーなど鉄分が多く含まれる食物やサプリを摂取します。
充分な鉄分が補給できない場合は経口鉄剤を投与します。
鉄分の吸収をよくするためにビタミンCを併用することもあります。
ただし、鉄剤もビタミンCも胃腸障害を起こすことがあるので注意が必要です。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来