Information

HOME > > 麻疹(はしか)の流行について

麻疹(はしか)の流行について

ニュース等で麻疹(はしか)の感染者が見つかったことが報じられています。

日本は2015年にWHOから「麻疹排除の状態にあること」が認定されています。
したがって現在の感染は海外から持ち込まれたものだと考えられています。

麻疹は麻疹ウィルスによる感染症です。
感染から10-12日の潜伏期を経て、発熱、咳、鼻汁、のどの痛み、結膜炎、下痢など風邪様の症状が出現します。一旦解熱傾向になった後に高熱になり結膜や皮膚に発疹が出現します。
重症になると肺炎や脳炎を起こすことがあるため警戒が必要です。

麻疹ウィルスは感染力が強く、空気感染、飛沫感染、接触感染で感染が拡大しやすいのが特徴です。
ですから、報道では感染者の乗った乗り物まで特定して注意を促しているのです。
命にかかわる重篤な感染症ですので、仮に感染した場合、自宅でひとりで療養することがないように配慮する必要があります。

感染を予防するためには予防接種を受けることが勧められています。

杉下クリニックではお電話にて予防接種のご予約を承ります。(電話03-3706-3311)

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来