診療案内

HOME > 診療案内 > 外科 > 鼠経ヘルニア

外科

鼠経ヘルニア

足の付け根の部分を鼠径部といいます(細いトンネル状の構造をしています)。
鼠経ヘルニアはこの部分が膨らむ病気です。

男性に多い病気で、先天的に隙間が存在することがあります(俗にいう脱腸)。
また、加齢に伴って支持組織が脆弱になることが原因であることがあります。
長時間立ち続けたり、腹部に力を入れたりすると膨らみ、横になると平坦になるのが典型的な症状です。

この部位の腹膜が突出しており、内臓(腸や脂肪組織)がこの中に出ることにより膨隆します。
治療は手術しかありませんが、通常見つかってすぐに手術しなければならないということはありません。
ただし、膨隆が元に戻らない状態をヘルニア陥頓といい、この場合は緊急手術が必要となることがあります。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来