診療案内

HOME > 診療案内 > 消化器内科 > イレウス(腸閉塞)

消化器内科

イレウス(腸閉塞)

イレウス(腸閉塞)は何らかの原因により小腸あるいは大腸に通過障害が起きる状態です。腹痛、腹部膨満感、嘔吐などの症状を起こします。

イレウスでもっと多いのが「癒着性イレウス」です。
開腹手術(胃腸の手術、産婦人科手術など)の後に、おなかの中の臓器同士がくっついてしまうこと(=癒着)が起こります。癒着自体は一種の防御反応ですから、おなかの中に炎症(急性虫垂炎など)があるとその部位を覆うような形で癒着することもあります。
本来小腸は軟らかく、可動性もある臓器なのですが、癒着して固定されるとその部位が急カーブになったり狭くなったりします。
消化の悪い食物を食べるとその部位が詰まってしまうことがあります。一旦食物が詰まると、車の渋滞と同じようにそのあとに流れる食物や消化液が停滞してイレウスになります。
癒着性イレウスはほとんど小腸に起こります。大腸は壁が厚く、もともと固定された部分が多いので癒着してもイレウスの原因になることはありません。
機械的な閉塞ですから有効な薬はほとんどなく、絶食にして開通するのを待つのが治療です。入院して鼻から管を入れて腸の内容を吸引することがありますが、待っていても開通しない場合は手術になります。
開腹手術を受けたことがある方は癒着があるものだと想定して、ふだんから消化の悪いもの(こんにゃく、昆布、豆、根菜、果物、するめいかなど)は避けておいた方が安心です。胃切除を受けた方は、食物を胃でこなすことができないので注意が必要です。また、歯が悪く咀嚼が十分にできない場合も同様です。
なお、近年行われている腹腔鏡(内視鏡)手術は癒着を起こしにくい手術だといわれています。

癒着が原因で腸がねじれてしまうのを「絞扼性イレウス」といいます。
ねじれによって血行障害を伴いますから、激しい腹痛を伴います。
血行障害を放っておくと腸管は壊死してしまいますので、この場合は時間を待たずに緊急手術の対象となります。

大腸のイレウスの場合は大腸がんなどの悪性腫瘍が原因である可能性があります(通常の大腸ポリープはイレウスの原因にはなりません)。

腸管に狭い部分がないにもかかわらず腸の動きが悪い場合「麻痺性イレウス」といいます。機械的な原因ではありませんから手術の対象にはなりません。炎症性疾患や代謝性疾患が原因のことが多いので、原疾患の治療をすることになります。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来