診療案内

HOME > 診療案内 > 内科 > 蕁麻疹

内科

蕁麻疹

甲殻類など食物のアレルギーで出現する場合もありますが、原因がわからないことも少なくありません。
物理的刺激、薬剤、運動、発汗刺激などにより出現することもあります。

皮膚の下で肥満細胞という白血球が刺激され、そこから放出されたヒスタミン、ロイコトリエンなどの物質が皮膚の下に放出されます。
その結果、血管の拡張、液体成分貯留を起こし赤い膨隆疹が出現します。
神経が刺激されますのでかゆみや痛みを起こします。

抗ヒスタミン薬が有効です。

TOP

診療時間日・祝はお休みです

診療時間  
9:00~9:30 検査 胃○ 胃○ 胃○
9:30~12:30 外来
14:30~15:30 検査 大腸○ 大腸○
15:30~18:30 外来